アプリケーションとは

業務を「見える化」いたします。

業務の中で一番無駄なものが連絡待ちではないでしょうか。

事務スタッフが営業さんに「この数字これでいいでしょうか?」「いま電話中・・(出張中)」営業さんの机やパソコンを開けて勝手に資料を見るわけにもいかずその間は仕事が待ち状態になります。

自分だけが見られるパソコンや紙に情報を入れず、社員全員で確認出来る場所に情報を入力することで業務の「見える化」が可能になります。

紙の資料はあとあと探すのに大変ですがデータ化しておけば簡単に過去のデータ抽出出来るというのも大きな特徴です。

独自アプリ

一般的な会計ソフトなどは多くの企業に向けて制作されていますので自社の内容にそぐわない部分が沢山あります。

あれこれ機能があっても結局は使わずじまいではないでしょうか。

弊社が提案するアプリは機能を最小限に絞り御社独自の内容に沿って制作しますので低コストで便利な物が作れます。

最初は簡単な営業管理だけ作り運用する。

次に営業管理のデータを元に請求管理を作るなど順を追って制作することで無駄な機能がなく必要とされるものだけを増築していく形となります。

使用する機器はスマホ・タブレット・パソコンなど携帯電話以外であればいつでもどこでもご利用可能です。

具体的にどんなものなの?

営業マンが数人いるけど商談の進捗状況を把握したい。商談先名・担当者名・訪問回数・見積もり提出の有無・備考などなどをそれぞれの担当者が入力することでスマホやパソコンで進捗状況を確認出来ます。

社内スタッフの仕事状況を把握したい。現在受け持っている仕事内容を事務スタッフがそれぞれ入力することで社内スタッフの負荷を確認出来ます。

請求書を管理したい。請求先名・入金予定日・入金金額などを入力することでスマホやPCなどを使い営業担当や社内スタッフはいつでもどこでも確認することが出来ます。

お客さんからの注文が毎回電話やファックスで入ってくるためその都度手作業でパソコンへ入力していることを改善したい。商品と数量をタップするだけで簡単に注文が出来るスマホアプリを制作しお客さんに配布。メールやデータベースに注文がたまりますのでそれに準じて納品書やピッキングリストを印刷。お客さんにも自動的に注文内容がメール送信されるため商品や数量の伝え間違いを確認が出来る。

費用について

気になる料金ですがおよそ30万円~制作が可能となります。機能を増やすごとに増額となりますのでまずは最小限のコストで最低限必要なものから制作しませんか?